【G20レポート・仮想通貨】福岡市で8日から開催されているG20財務相・中央銀行総裁会議の関連セミナーで、仮想通貨ビットコインの重鎮アダム・バックが登壇、ブロックチェーンが規制機関にとって有益な理由を解説。  ビットコイン関連技術の開発に注力するブロックストリーム社の代表で「仮想通貨の父」の一人と目される暗号学者アダム・バック氏が8日、G20財務相・中央銀行総裁会議の関連セミナーに登壇し、仮想通貨(暗号資産)・ブロックチェーンと現在の金融インフラの違いについて説明した。 さらにバック氏はブロックストリーム社が日本の上場企業デジタルガレージとジョイントベンチャー「クリプトガレージ」を立ち上げ、日本の規制サンドボックス(少数の消費者を対象に期間限定でテストできる保護領域)を使って円に100%連動するステーブルコインの発行を計画していることに言及した… もっと詳しくはCointelegraphにて ☟ 

閲覧回数180 pv