シミの鑑別   1)老人性(日光性)色素斑 不定形、米粒位の大きさから1cm~5cm、褐色から黒色、単発・多発 2)脂漏性角化症(老人性いぼ)単発・多発ともにあり、茶~黒色調で表面がカサカサした隆起性。 3)雀卵斑(そばかす) 薄茶色の1〜5mm大でほぼ均等な斑点が、両頬、鼻の頭を中心に左右対称、 4)肝斑 両頬、眼の下、額に左右対称に境界不鮮明のぼんやりと広範囲に薄茶色のシミ 4)炎症後色素沈着 火傷や湿疹、アトピー、ニキビが治った後、レーザー治療後など何らかのダメージを受ける後やや赤みをおびた褐色斑。 5)ADM(‪後天性真皮メラノサイトーシス)‬ 両頬、一方の尾翼(鼻の穴の横)に1-3mmほどの灰褐色、もしくは青褐色と呼ばれるくすんだ色の色素斑がいくつかまとまる。 さらに、年齢、ピル使用歴、合併症など考慮し、診断後、レーザー、IPL、トーニング、ケミカルピーリング、イオン導入、マッサージピール、トレチノイン、ハイドロキノン、ビタミン等の内服などで治療します。 清涼会 大濠パーククリニック 福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B 電話 092-724-5520 http://www.ohori-pc.jp 低用量、緊急避妊、生理日移動用は以下を参照 http://fukuoka-ec-oc-pill.jp 福岡市 #頭痛#アフターピル#福岡市#天神#ピル#IPL#トーニング#ケミカルピーリング#シミ#鑑別

閲覧回数96 pv