新潟県で震度6強、津波も 地震発生時にやるべきこと・やってはいけないこと⁉️ 6月18日午後10時22分ごろ、山形県沖を震源とするマグニチュード6.8の地震が発生した。 この地震で、新潟県村上市で震度6強を、山形県鶴岡市で震度6弱を観測している。 また、山形県や新潟県上中下越、佐渡、石川県能登で高さ1mの津波注意報が出ている。すでに到達した地区もあるとみられ、海岸や川の河口付近には絶対に近づいてはいけない。 内閣府によると、津波の高さが1m以上だと、木造家屋に被害が出はじめる規模になる。車や人が流されるほどの力を持っている。 NHKによると、震度6強を観測した新潟県村上市では、市役所や消防、警察の電話がいずれもつながらないという。また、この地震による柏崎刈羽原発への影響はないとみられるという。 やるべきこと・やってはいけないこと 地震発生直後、なにをすべきで、なにをやってはいけないのか。東京都の防災情報ハンドブック「東京防災」からまとめた。 ガスや電気が通っている自宅などでは、ガスに引火する可能性がある。火はつけない。ブレーカーを上げない。電気のスイッチも触らないようにしよう。 被災地以外の人にとって大事なのは、不要不急な電話を控えることだ。被災直後は、電話回線がパンクする恐れがある。用がないなら、電話は絶対にやめる。 #新潟県 #やってはいけない #回避 #震度6 #地震 #ニュース #電気 #火 #スイッチ #火災 #速報 #ライブ #緊急 #sos #危険 #避難 #津波 #YouTube

閲覧回数101 pv