福岡アジア美術館 交流ギャラリーで開催される、「自閉症の障がいを持つ福岡在住の画家太田宏介氏の絵画展」 彼の作品は、自由で大胆、かつ生命力に溢れた画風が多くの人々を惹き付けている。本展では10代前半の作品から現在に至るまで未公開作品を含む約60点を展示。進化し続ける宏介氏の22年の軌跡を紹介。

閲覧回数17 pv