五穀豊穣、縁結び、子宝などを祈願して、旧暦1月15日の夜に、塞之神堂の前で行われる奇祭です。カンデッコとは鍬のことで、これを神木である桂(市指定天然記念物)にその年の願いを込めて投げ掛けます。その掛かった鍬をはずして、栗や柿などの果樹に掛けると、多くの実を結ぶとされ、豊穣多産、災疫退散を願う小正月行事となっています。夜は「虫焼き」と称して、田圃にワラを積み上げて燃やし、豊作を祈願する行事も行われます。秋田県の無形民俗文化財に指定されています。

閲覧回数87 pv