『気配りができる人が使わない「三文字」とは?』  気配り上手な人、伝え上手な人が、ビジネスシーンでは決して使わない「三文字」があります。こう言うと、あなたはどんな言葉を想像しますか? 「三文字」ですから、当然「ひと言」です。その「ひと言」は、無意識に使われていて、「癖」のようになっていますが、本人は気づいていません。周囲には違和感を覚える人もいますが、「礼儀知らず」とか「非常識」とまでは言えない「三文字」ですので、注意はしません。結果、長年使い続けている「三文字」。実は、たくさんあるのです。 目上の人や常識のある人は、厳しい目であなたをジャッジしているかもしれません。とここまで前置きが長くなりましたが、気配り上手な人、伝え上手な人はビジネスシーンでは使わない「三文字」、何となく浮かんできましたか? この続きは、臼井流「最高の結果を出す人の話し方」をどうぞ! http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20150302/437588/?P=2

閲覧回数34 pv