陶芸家 内田鋼一が美術館全体をしつらえる5周年記念展「内田鋼一 ー手と眼ー」が樂翠亭美術館で開催されます。 本展では、樂翠亭美術館の土と落葉の灰によって制作した樂翠手茶碗の初お披露目となる茶室をはじめ、懐石のしつらえなど美術館全体が作家の手によりしつらえられます。 また、富山ガラス工房の協力のもと内田鋼一によるガラス作品もあわせてご覧いただけます。

閲覧回数23 pv