菜の花×桜が見られるスポットといえば埼玉県幸手市の「権現堂」です。 権現堂桜堤は、天正4年(1576年)頃に築かれたといわれています。おります。 権現堂川は暴れ河川としても恐れられ、宝永元年(1704年)に、はじめて権現堂堤が切れてより、幾度も決壊をしてきました。その被害は遠く江戸にまでおよび、大江戸八百八町の半ばは水浸しになると言われ江戸を守る堤として大切に管理されておりました。 現在はピンクと菜の花を同時に鑑賞できる豊かな自然と日本の春の風景を感じられますよね。 関東地方も暖かくなりましたし、お出かけにも絶好のスポットですよ!

閲覧回数19 pv