善光寺最大の盛儀で、数え年で7年に一度(現在は丑と未の年)、秘仏の御本尊の身代わりとしてまったく同じ姿の「前立本尊(鎌倉時代・重要文化財)」を本堂にお迎えします。前立本尊の右手に結ばれた善の綱によって繋がり、触ると慈悲にあずかれると伝わる回向柱が本堂前に立てられます。中日庭儀大法要では、僧侶やお稚児さんなど、総勢800人による大行列が境内を練り歩き、盛大な法要が行われます。

閲覧回数78 pv