北海道上士幌町の国鉄士幌線で使われたコンクリート造りのアーチ橋の風景です。 市街地から糠平、十勝三股の山岳森林地帯を南北に貫く国道273号に並行して所々に見かける、かつての国鉄士幌線で使われたコンクリート造りのアーチ橋。 古代ローマ時代の水道橋を思わせる高架橋は、鉄道橋としての活躍の時代を終え、今は東大雪の開拓の歴史を伝える近代産業遺産として、その姿を見せています。 中でもタウシュベツ川に架かるタウシュベツ川橋梁(通称めがね橋)は糠平湖の水かさが増える6月頃から湖面に沈み始め、10月頃には湖底に沈みます。 水かさが減る1月頃から凍結した湖面に再び姿を現すため、”幻の橋”といわれているんですよ! タウシュベツ川橋梁までの林道は許可車両以外通行禁止となっていますので詳しくはリンク先からチェックしてみてください。

閲覧回数55 pv