和銅年間(708〜715年)には創設されてたっていう桜島港にちかい月読神社。 「桜島」の名前の由来とされる諸説のひとつ、「コノハナサクヤヒメ」もあわせて祀られているんです。 ちなみにこの神社、大正時代の桜島の大噴火、「大正噴火」で埋まっちゃったんだけど、昭和15年には今のところに移ったのです。

閲覧回数18 pv