mei

E235系、山手線新型車両がこれまでにない車輛の形で話題に! E235系量産先行車は、「お客さま、社会とコミュニケーションする車両」をデザインコンセプトに開発されたそうです。 エクステリアは前面の大きな窓や表示器で「人と人、人と社会をつなぐ情報の窓」を表現しています。 前面と乗降用ドアに山手線のラインカラー(うぐいす色)も配しています。 インテリアは居住空間を広く感じられるオープンなデザインとなっているようです。 そういわれれば素敵なデザインな気もしますが・・・電車に目も鼻も口もないと今までと違うため少し違和感を感じますね笑 消費電力の抑制をめざし、主制御器に次世代半導体素子(SiC)を採用してるこの新型列車。 これから走り回る姿が見られそうですね!

閲覧回数47 pv