プロ野球球団が新たな投資やアイデアでファンを呼び込んでいる。プロ野球ビジネスでの主な収入源は入場料、放送権、グッズ販売だが、各球団はロイヤリティの高いファンづくりとそこからの直接収入を「強く・濃く」するモデルへ大きな転換をはかっている。 中でも一番の成功事例が福岡ソフトバンクホークスである。 球場を買収することによって賃料を削減し、ファンを喜ばせる仕掛け作りに回す。 その結果大幅な観客動員数増加に成功しているのです! プロ野球ビジネスって実は儲かるんですよ。

北海道日本ハムファイターズが本拠地としている札幌ドームの使用料9億円に悩まされているそうです。使用料以外にもドームの維持管理費は、全て球団持ち。 親会社からの支援がなければ、単体では赤字経営だそうです。 このことから考えたら、福岡ヤフオクドームを買収したソフトバンクの判断は正しかったのではないかと思います。