兵庫県立歴史博物館 特別展「ひょうごの美ほとけ-五国を照らす仏像-」 今回の特別展は、今まであまり公開されなかった仏像などが一堂に会して「ひょうごの仏像」を新たな視点から紹介します。 ・開催期間:2017年4月22日(土)~2017年6月4日(日) ・住所:姫路市本町68番地 ・観覧料:大人:1,000円、大学生:700円、高校生以下:無料 ※写真は、重要文化財 毘沙門天立像(姫路市随願寺蔵)

【快慶 日本を魅了した仏のかたち】 鎌倉時代に活動した仏師「快慶」の代表的な作品を一堂に集めた展示です。 鎌倉時代初頭の造像界の動向を知るには、不可欠な存在であります。 会 期:平成29年4月8日(土)~6月4日(日) 会 場:奈良国立博物館 東新館・西新館 休館日:毎週月曜日 ※ただし5月1日(月)は開館 開館時間:午前9時30分~午後5時 観覧料金:一般1,500円 高校・大学生1,000円 小・中学生500円

奈良県奈良市にある西大寺にて、4月9日~10日に大茶盛が行われます。 鎌倉時代から催されている茶儀でして、八幡神社に献茶した余服を民衆に振る舞ったことに由来する伝統行事です。 戒律によって酒を飲まないので、酒盛りに代わって「茶盛」と称されています。 僧侶が直径30cm以上もある大茶碗にお茶を点て、参加者に振舞います。