水害で車両保険や火災保険は支払われるか?? ●車両保険に入っていれば水害で保険は降りる。 ●豪雨では降りるが地震では降りない車両保険 [西日本豪雨では多くの家と共に自動車が被害を受けたが、自動車保険は支払われるのでしょうか??] 災害で保険が支払われるにはまず車両保険への加入が必要で、対人対物のみ加入では対象にならない。 車両保険に加入していてもエコノミーと一般型があり、補償内容が違っています。 一般型は全ての条件で補償されるタイプなので、従って保険料も割高になっている。 エコノミーは「車対車+A」「車対車限定危険」など呼び方が違うが、支払い条件が限定され、保険料が安い。 車両保険エコノミーFRは自損事故は補償されないが、災害などの保証は一般と同じ場合が多い。 どちらも台風など天災による水害も補償対象になっているが、例外もあります。 「地震、火山の噴火、によって引き起こされた災害」なので同じ時期に起きた大阪地震や、噴火による被害は補償されません。 たとえば地震で車が壊れ、同時に隣の車が豪雨で水没したとして、保険が降りるのは豪雨で水没した車だけです。 車両保険には地震特約もあり、保険料年5000円で最大50万円の支払いなので、あまりメリットはありません。 地震は起きた時の被害が大きいが、一生の間にそういう大地震に遭わない確率のほうが、ずっと高いです。 [火災保険で住宅は保証されるか] 車以上に重要な家ですが、全ての火災保険で水害が補償されるわけではありません。 火災保険は火災のみ対象のものと、水害も保証する「オールリスク型」があり、最近はオール型が増えている。 自分の保険で水害が補償されるのかどうか、分からない場合は保険会社に電話で問い合わせたほうが良い。 「オールリスク型」でもすべての水害が補償されるのではなく、条件が付けられています。 「床上浸水または45センチ以上の浸水」「建物評価額の30%以上の損害」が発生した場合だけ支払われる。 ある程度大きな被害でだけ保険が降り、役所が発行する罹災(りさい)証明が必要になります。 支払われる保険金額が各社バラバラで、一例では被害が大きい場合は、被害額の70%が補償される。 一方で被害が評価額の30%未満だと、契約額の10%程度しか支払われないなどがある。 住宅に入っていた家具などは、家具を補償に含めていた場合だけ支払われます。 例えば2000万円の火災保険で水害補償ありだと、2000万円を限度として被害額の70%まで保証される。(一例) 車両保険、火災保険ともに支払い基準が細かいので、僅かな差で支払われない人や、全額保証される人が出るでしょう。

#福利厚生サービス提供 只今キャンペーン開催中♪ 皆さまも、年に一回は自分の体の為に定期健康診断をしますよね! 最近は地震や自然災害が各地で頻繁に起きておりますが、火災保険は火事の時だけの保険では無いのはご存知でしたか? 私は北海道の札幌在住ですが、今日は福岡県では大雨で100ミリ以上の豪雨!そんな大変なニュースを聞いておりました。 雨、風、台風や雪も含めて、皆さまのお住まいはいつも自然の過酷な環境にさらされておりますね!!そこで私達は、人間の体も定期健康診断をしている様に、お住まいも最低年一回の無料で受けれる建物の健康チェックをするべきだと考えております。 今回のキャンペーンにて、建物健康診断を受けて頂いた方には、それ以降は毎年無料で年に一回の「住まいの無料定期健康診断」を受ける事が可能な会員様になって頂けるチャンスです。 日本全国47都道府県にプロ中のプロの調査員がお伺い致します。 保険金が降りた場合だけ、申請サポート費用として成功報酬を頂きます。 (保険金が降りなかった場合は、一切お金は頂きませんのでご安心下さいませ。また、私達はリフォーム業者でも有りませんので、保険金が降りた場合でもリフォームや修繕工事の契約もしませんのでご安心下さい!) 只今キャンペーンに付き、各地の正規ディーラーさんからの無料健康診断の調査依頼のご案内もさせて頂きます。 建物のオーナー様でしたら、全員が対象になりますので、是非ともこの機会にご利用下さいませ。 ReleaseのWebサイトご利用の皆様に特別キャンペーンを提供させて頂きます。 下記のサイトからホームページにてお申し込みをしてください。 その際には、キャンペーンコード入力が必須になります。 お急ぎの方は、キャンペーンコード[0800] ご案内紹介者[かねた]のお申込みでも可能です。 それでは、各地の正規ディーラー様のキャンペーンのご案内をお待ち下さいませ♪♪ http://threecall-japan7.xyz/sp/ サービス提供:住まいの110番 #無料キャンペーン #災害 #台風 #洪水 #火災保険