pon

【おおち山くじらとココ一番カレーがコラボ!】 美郷町の一級ブランド品、「おおち山くじら」とはイノシシのことです。 そのおおち山くじらが、12月1日から島根県下のCoCo壱番屋にて商品化されることになりました~!! イノシシ肉に抵抗がある方も、驚くほど美味しく食べられてしまうおおち山くじら、CoCo壱さんとの共同開発でどんな美味しいカレーに仕上がったのか、ぜひこの機会に足を運んでみてくださいね~♪

pon

エボラ、突然変異!?感染力がさらに強まる恐れがでてきている。 まだ日本ではエボラン感染は広まっていないが、世界では深刻な問題になっているエボラ出血熱。 このエボラが突然変異して、さらに強まっている恐れがでてきた。 現在西アフリカで猛威を振るっているエボラ出血熱のウイルスは既に、従来の株とは型が異なる。 変異が何を意味するかを科学者らは完全に理解しているわけではないが、病原体の進化が新たなリスクをもたらす可能性が一部で懸念されている。 サイエンス誌に先月掲載された報告によれば、研究者らは今回のエボラ流行で既に300以上のウイルス突然変異を発見している。 こうした変異がウイルスの感染力を強めていないかの調査を研究者らは急いでいる。 現時点ではそれを示す科学的データはないものの、流行が長引けばヒトからヒトへの感染力が強い型にウイルスが変化するリスクは高まると、カリフォルニア大学サンフランシスコ校でエボラを研究している伝染病専門医のチャールズ・チウ氏は指摘する。 「流行が長期間続いたり風土性のものになったりすれば、伝染力が強い型に変異しかねない。これを予測するのは困難だ」と同氏は述べた。

pon

先日まんだらけの万引き犯の顔写真を公開するうんぬんがニュースで話題になっていましたが、今回は滋賀県のゲームセンターが警報を鳴らした少年たちへとして挑発的な警告文を掲示していると話題になっています。 このゲームセンターは滋賀県にあるようですが、8月4日の夕方に機械を蹴って警報を鳴らした少年たちへ、ということでこのように警告していますが、その内容が過激だとして話題になっているようです。

pon

クロスボウやトマホークを装備した世紀末自転車が発売される!! クロスボウやトマホークを装備したMotopedサバイバル・バイク:Black Ops エディション ペダル付きバイクキットを扱う Motoped が、クロスボウや手斧など各種のサバイバルツールを装備した Survival Bike: Black Ops Edition を発表しました。 Motoped はダウンヒル用マウンテンバイクのパーツと独自のフレーム、49 – 150cc の4ストロークエンジンを組み合わせたペダル付きのモーターサイクル。 排気量の少ないバイク、日本で言う原付にペダルを付けてエンジンでも人力でも走れるようにしたモペッドと呼ばれる種類の乗り物がありますが、Motoped はマウンテンバイク用の部品を使い、よりスポーツ性やオフロード性を強めた製品です。 メーカーによれば、利点はモーターサイクルと自転車双方の長所を併せ持つこと。国や地域によっては排気量49cc以下の場合とそれ以上のバイクで法律上の扱いが異なり、登録や保険加入の義務、合法的に走行可能な場所や駐車できる場所が変わることから、車道が混雑していれば脚で漕いで自転車レーンを走れる、自転車扱いで駐車できるといった利点があるとされています。(日本では「ペダル付き原動機付き自転車」になりいわゆる原付のままです。念のため)。