【動画】スーパーカーとキャンギャル@メガスーパーカーモーターショー2017! 【QBC|九州ビジネスチャンネル】イベント 北九州市・西日本総合展示場で、6月2日~4日の3日間、総額25億円超の車が集結した「メガスーパーカーモーターショー2017」が開催されました。 会場を華やかに彩ったスーパーカーとコンパニオンの美女たちを【動画】と【写真】満載でお届けします。

【動画】時間無制限!梅酒・果実酒が飲み放題のお店「SHUGER MARKET(シュガーマーケット)」、福岡にニューオープン! 【QBC|九州ビジネスチャンネル】食べる 3月31日、梅酒・果実酒専門店「SHUGER MARKET(シュガーマーケット)」が福岡市・大名にオープンしました。 全国で3店舗目。東京都以外では初出店となっています。 システムは入場料制で、100種類以上の梅酒、果実酒が飲み放題。しかも、時間無制限で途中の出入りも自由。 席数は60席あり、ストレート、ロック、ソーダ割り、カクテルなど飲み方もお好みでチョイスできます。 料理は提供しておらず、食べ物は持ち込み自由。 まさに「角打ち酒屋の現代版」、フルーツカクテル好きの人にとっては、ゆっくり楽しめるラウンジとなっています。 今回は、梅酒・果実酒専門店「SHUGER MARKET(シュガーマーケット)」の店内の様子を【動画】でお伝えします。 オープンセレモニーに参加した美容師の末藤 礼(あき)さんと鈴木優希さんがレポーターを務めてくれました。

【動画】ふくおか官兵衛Girls「ありさ姫の福岡探訪!」(その25)台湾カフェ「春水堂」アミュプラザ博多にオープン 【QBC|九州ビジネスチャンネル】食べる 春水堂は、タピオカミルクティー発祥のお店として知られる大人気の台湾カフェ。 昨年9月に西日本初出店となる天神地下街店をオープン。今回、全国で9店舗目となる「アミュプラザ博多店」をJR博多駅・アミュプラザ博多地下1階にオープンしました。

福岡市はたちのつどい@マリンメッセ福岡 2017/1/9 – YouTube 「成人の日」の9日、福岡市博多区・マリンメッセ福岡で福岡市の成人の日記念行事「平成28年度 はたちのつどい」が開催され、振り袖やスーツ姿の新成人およそ9,000人が参加しました。 今年の新成人は、全国でおよそ123万人。昨年より約2万人増加しています。 福岡市の新成人は1万5,922人(2016年11月30日現在)で、前年度より約450人増えました。 今回は、マリンメッセ福岡の会場に集まった新成人から「今年の目標」を聞きました。 成人の日、大人新入生の第一声を【動画】でお伝えします。

【動画】中島美嘉♪雪の華@博多駅イルミネーション「光の街・博多」点灯式!(その2) 【QBC|九州ビジネスチャンネル】エンタメ 毎年恒例の博多駅イルミネーション点灯式。 今年の点灯式のゲストには鹿児島県出身の歌手・中島美嘉さんが登場し、元気な歌声を届けてくれました。 今年のイルミネーションのテーマは、「光のちから」。未来を描くための力強い光を放ち、九州を日本をこれからも牽引し続ける「まち」でありたいという願いが込められています。 入り口のゲートがパワーアップし、天空を支える光の柱が連なった「スカイピラーゲート」と「花のティアラ」が初登場しています。 今回は、クリスマスイブにピッタリな曲。中島美嘉さんの代表曲♪雪の華とともに、博多駅イルミネーション「光の街・博多」を【動画】でお伝えします。

【動画】妖怪ウォッチのEDテーマ曲を担当したLinQが解体・再開発を発表! 【QBC|九州ビジネスチャンネル】エンタメ 12月19日、九州発のアイドルグループ・LinQ(リンク)が、「LinQ 解体・再開発プロジェクト」として、一度グループを「解体」すること発表しました。 LinQは、2011年4月にデビューした九州・福岡を拠点に活動するアイドルグループ。 今年の春には、自らを題材にした映画「みんな 好いとうと♪」を公開、夏からはTVアニメ「妖怪ウォッチ」のエンディングテーマ曲に「ふるさとジャポン」が起用されていました。 LinQ公式ブログでは「新生LinQ誕生へ向けて!!」と12月19日にブログを更新。今が大きなターニングポイントになる時期であるとして「LinQ 解体・再開発プロジェクト」を発足することを発表しました。 現行25名での活動は来年6月までで、それ以降は「新編成のアイドルグループ・LinQ」、「新グループの結成」、「ミュージカル集団の育成」の3つを柱に全国展開するとしています。 この3つの新プロジェクトの総称は「IQ(アイドル九州)プロジェクト」。 来年5月に開催する福岡市民会館、東京中野サンプラザでのLinQの2公演に8割以上の観客を集めて、成功させることが前提となっています。 「九州から全国へ笑顔の架け橋に」をキャッチフレーズに結成された「LinQ」。 デビューから5年8ヶ月を経て、これまでの公演数は930公演を超え、来年から新たな一歩を踏み出そうとしています。 これまで、数多くの九州の企業とコラボしてきたLinQ。今回は、今年10月に開催されたイベント「ザ・クリエイターズ」での「妖怪ウォッチ コラボステージ」の模様を【動画】でお届けします。

セブンイレブンも本日再オープン!福岡の道路陥没!7つの奇跡 【QBC|九州ビジネスチャンネル】QBCpickup 博多駅前の道路陥没から1か月半、本日20日に改装中だったセブンイレブンが再オープンしました。 11月8日未明、福岡市博多区のJR博多駅から徒歩3分ほどの「はかた駅前通り」が幅約27m,長さ約30m,深さ約15mで陥没。 この事故は、全国的にも大きく報じられ、幸いにも一人の被害者も出さずに、事故から一週間で復旧しました。 事故発生から1か月以上経って、再開できていないのは、セブンイレブンだけでしたが、店内の復旧改装工事も終わり、リニューアルして本日オープンしました。 これだけ大きな事故にも関わらず、市民生活に影響が少なかった訳は、陥没事故に7つの奇跡がありました。 その1.はかた駅前通りは市道だった  事故があった「はかた駅前通り」は、5車線ある福岡市道でした。 この市道・博多駅前線は全長約800m。国道202号線(通称:国体道路)の博多駅の博多口から、国道202号線(通称:国体道路)の祇園町西交差点まで、中洲地区やキャナルシティ博多と博多駅を結んでいる道路です。 市道であるため、市の判断で復旧工事が進められたことも、早い復旧につながったようです。 その2.街路樹が切り倒されていた 「はかた駅前通り」には、事故発生の1か月前まで、ビルの5階ぐらいまでに達する街路樹がありました。 5月の「博多どんたく港まつり」では、パレードも行われるこの道路は、現在の全5車線を3車線に減らし、両側の歩道を約2メートルずつ広げる工事が行われていました。 もし、高い街路樹があったら、陥没の際に横倒しになって周辺の建物に被害をもたらしてかもしれません。 その3.夜明け前の事故だった  事故があった博多駅前2丁目付近はビジネス街。昼間は、ビジネスマンやキャナルシティ博多に向かう観光客など、たくさんの人が通行しています。 夜明けまで開いているお店は少なく、事故現場付近で事故当時営業していたのは、セブンイレブンだけ、逃げ遅れる人もいませんでした。 その4.地下鉄延伸工事のトンネルは、まだつながっていなかった  陥没事故があった博多駅前2丁目付近は、博多駅の駅舎のに近く、ナトム工法で掘り進められていました。この場所から、キャナルシティ博多付近の新駅に向かうまではシールド工法が採用されています。 ナトム工法は、1m掘るごとにアーチ状の鉄骨とコンクリートで固めていく工法。シールド機で掘り進めるシールド工法の区間とは、まだつながっていなかったため、長さ30mの陥没で済んだのです。 その5.ライフラインへの影響が限定的だった  陥没が発生し、地中を通る送電線、ガス管、上下水道管などが寸断されました。 一時ガス漏れなども起こりましたが、事故発生日の8日午前中には停止、切り替え作業が行われました。 送電幹線の寸断により、博多駅、福岡空港も停電しましたが、補助電力と送電切り替えにより、始発から正常に運行、翌9日朝には現場付近も停電が解消しました。 その6.イベントが中止されなかった  事故発生の2日後の11月10日、博多駅前ではイルミネーションの点灯式が開催されました。この点灯式には、歌手の中島美嘉さんが登場し、およそ7,000人の観客が集まりました。一時開催が危ぶまれましたが、送電も回復していたため、予定通り開催されました。 また、11月13日には、13,000人を超えるランナーが参加した福岡マラソンも予定通り開催されました。 このように、予定されていたイベントが事故の影響で中止にならなかったため、心理的にも大事故の印象が薄くなりました。 その7.交通量が少なかった  はかた駅前通りは、5車線の道路ですが、深夜の遠距離トラックなどの通行量は少なく、事故発生時の通行止めが容易に行われました。 バス通りでもあるものの、この道路を通過するバスの本数は少なく、通行止めになっても市民生活にさほど影響はありません。 現在も片側1車線にして、掘削点検工事が行われています。

福岡のミスキャンパスの中のミスキャンパス「ミスキャンアワード2016」!今年のグランプリは九州大学・平島彩香さんに決定! 【QBC|九州ビジネスチャンネル】エンタメ 12月18日、大学生のファッションイベント「キャンパス・クリスマスコレクション2016(CXC)」が、中洲PLUGで開催されました。 このイベントは20年の歴史をもつインターカレッジイベント企画サークル「Ms’SEA(エムズシー)」が主催するもので、毎年クリスマス前のこの時期に開催されています。 このCXCでは、「ミスキャンパスの中のミスキャンパス」を決めようという大会・「ミスキャンアワード2016」が行われました。 今回が8回目となるアワードには、今秋に行われた福岡の各大学の大学祭で選ばれたミスキャンパス、ファイナリストのうち、7つの大学から12人がエントリー。 今年は、九州大学のミスキャンパス・平島彩香さんがグランプリを獲得しました。