トマトに含まれる“リコピン”はビタミンEの100倍以上の抗酸化作用を誇り、エイジングケア効果が非常に高いと言えます。また、活性酸素を除去してくれることによって肌や身体のあらゆる不調にも働きかけ、私たちにとっても嬉しいパワーがギュッと詰まった野菜なのです。 リコピンはもともと油に溶けやすい性質があるため、油を使った調理によって吸収率がグンと高まります。しかも熱に強く、焼いたり、炒めたり、煮込んだりしても成分が大幅に減少する心配もありません。 生で食べるよりも、オリーブオイルと一緒にしてソースにしたり、シチューのベースにしたり、調理する方がもっと効率的にリコピンを摂取することができるのです。 トマトジュース、トマトピューレ、ケチャップなどの加工品もあなどれません。逆に、生でトマトを食べ過ぎると、身体を冷やしてしまう場合があります。調理して食べるか、ジュースとして飲むなどして、より多くのリコピンを摂取しましょう! 女性にオススメの効果的な摂取方法は、なんと朝食にトマトジュースと牛乳を組み合わせて摂ること。牛乳の脂肪分によってリコピンの吸収率が高まり、同時に不足しがちなカルシウムを補うことができますよ。

【男性必読】毎日トマトを食べると前立腺がんのリスク2割減る!! 男性は毎日トマトを食べると良いらしい。しかもトマトを使った製品であれば何でもOKだとか。 トマト製品で前立腺がんのリスク減る というのも、1週間で10人前(1日1人前強)のトマトを食べると、前立腺がんになるリスクが約2割減ることがわかった。 英ブリストル大学のVanessa Er女史らが、50歳~69歳の男性18,000人を対象に、その食生活と生活習慣について調査を実施した。 その結果、トマトジュースやトマトソースのベイクドビーンズ、ピザにトッピングされたトマトピューレなど何でも良いので、とにかく“トマト”を週に10人前以上食べている人は、前立腺がんの発症率が18%低かった。

医師が太鼓判!老化を遅くする「あの野菜」でー10歳の見た目年齢に!! 実年齢は若返りようがありませんが、見た目年齢はできるだけ若くありたいものですよね。実は、体の中から若返りを手伝ってくれる野菜があるのを、ご存じでしたか? 今回は、アンチエイジングドクターとして名高い、日比野佐和子医師の著書『これだけで若返りは可能です。 同書によると、 メタボ解消には緑黄色野菜が効果的。特に、トマトの赤色成分であるリコピンは、活性酸素を除去する抗酸化成分です。これは、スイカや柿にも含まれているそうです。 抗酸化成分として有名なβ-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍も活性酸素を除去してくれるので、錆びない体を作るのには最高の食材なのだそうです。

太陽のトマト麺のNEXTブランド『太陽のトマト麺Next サンシャインシティ』を2014年8月25日(月)オープン! 商業施設へ来店する女性をメインターゲットに、これまでにない開放的で入りやすいファサード(外観)に加え、セットメニューやデザートを取り揃え! トマトラーメンを軸に、昼間はラーメン店、夜はBar(バル)の2つの顔を持つ太陽のトマト麺が池袋サンシャインシティ内に誕生です。

ありがとうございます。「好きな野菜」ランキング1位はトマト! 日本最大級の料理ブログポータルサイト「レシピブログ」では、8月31日の「野菜の日」にあわせ、生活者の意識・実態などを調査するトレンド総研と共同で、10~60代の男女600名を対象とした「野菜」に関するアンケートを実施し、「好きな野菜」ランキング1位はトマトでした!

1日1個食べればOK!美白効果ばっちりの「トマト」がスゴイ !! 強烈な夏の日差しを浴び続けていると、メラニンが増発して新たなシミやくすみを増やす原因に。また身体にも活性酸素が発生しやすくなり、疲れやすくなったり、だるさを感じたりと夏特有の不調があらわれます。そんな夏のトラブルに「トマト」が効果的なのです! リコピン=トマトの色素で、カロテノイドの一種です。カロテノイドには、α-カロテン、β-カロテンなどいくつか種類がありますが、 特にリコピンは抗酸化作用が強く、その作用はβ-カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上! といわれています。 リコピンは、強力な抗酸化作用を持っているので、 紫外線を浴びた活性酸素を除去する働きとともに、 シミをつくる「チロシナーゼ」の活性を弱める働きもあります。