鉄道ファンなら一度は行ってみたい!富山県の喫茶店ブルートレイン! 入口横のショウウィンドウが列車の車窓をイメージしていて入り口を入る前から大興奮ですね。 中に入ると鉄道模型が縦横無尽に走り回っていますよ。 メニューまでまるで時刻表のようなデザインになっています。 旅行に行く時間が無くてもここに行けば旅行気分が味わえそう。

「道の駅 ウェーブパークなめりかわ」は、周辺施設も合わせると、とっても楽しい拠点だった。 富山県滑川市 ほたるいかミュージアムやアクアポケット、タラソピアなどの施設が集合していて、一日じっくり楽しめたりします。 今、ほたるいかミュージアムではあのダイオウグソクムシ等が夏休み特別企画で展示中! お昼ごはんはパノラマレストランで、目の前に広がる海を楽しみながら食べるといいよ。 メニューもかなり美味しい!

鉄道ファンなら絶対に行きたい! 富山県滑川市にある東福寺野自然公園では、SLの中に泊まれる! こちらは時計台・芝生広場・大型複合遊具・ふわふわドーム・パークゴルフなどがある公園ですが、一番人気なのがSLハウス。 客車5両で編成されている宿泊施設で、木の香りに包まれながら寝泊りができます。 気分はすっかり夜行列車! お子さんも大興奮の公園ですよ(^_^)v

富山市民プラザ1Fエントランス・チリングスタイル店内で、フィンランド在住のテキスタイルデザイナー、島塚絵里がMökki(コテージ)をテーマにした個展を開催します。 Mökkiは忙しない日常から切り離された、自然に包まれたシンプルな空間。 フィンランドの春が感じられる作品に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。 チリングスタイル http://www.chillingstyle.jp/

「秋水」とは、曇りなく研ぎ澄まされた日本刀、を表す言葉。 森記念秋水美術館では、所蔵名品刀展「秋水の美」として、所蔵する日本刀の名品を中心に一年間を通じて4回にわたり展示しています。 現在行われている第三期では、 重要文化財指定の「一 助成造」や尻懸則長の大小(重要美術品)、古備前順慶(重要美術品)など大名家伝来の名刀をはじめ、越中国で活躍した宇多国房(重要美術品)の作の奥深い魅力に触れることができます。 森記念秋水美術館 http://www.mori-shusui-museum.jp/