先日グランドフィナーレのタイムスケジュールを発表していた土星探査機カッシーニ。 無事にその任務を終えたようで、画像は最後にカッシーニから送られてきた数枚のうちの一枚。 日本時間15日午後8時55分、上空1915キロから最高時速11万3000キロの猛スピードで土星の大気圏に突入。 赤道よりわずかに北側付近を目指して落下しながら、大気の成分データを収集し、高度1500キロに到達した1分後に、地球との交信が途絶えました。 ただの探査機だと言ってしまえばそれまでですが、今後土星を見るたび、そこにはカッシーニの一部が漂っていると思うと、とても感慨深いです。

先日イプシロンロケット3号機による高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)の打上げの発表がありました。 日本が誇る新型ロケット。 将来ロケットの打ち上げは日常的なものになるかもしれません。 大好きな小説の中の風景が日常的に見られる時代がいつかやってくる。 歳をとったせいか最近数十年先の事を考えると人間の寿命の短さに焦りを感じます。 宇宙解明や深海に潜む謎や人間の完全解明や、まだまだこの先に解かれると思われる謎の数々が全部見られないのが今から残念で仕方ありません。 なので出来る限り見られるものはこの目で見て行きたいです。

先日不具合で中止となっていた「みちびき3号機」を搭載したH-IIAロケット35号機の打上げ。 明日無事に打ち上げ出来そうです。 スケジュールは以下の通り 打上げ日: 平成29年8月19日(土) 打上げ時刻: 14時29分00秒(日本標準時) 打上げ時間帯: 14時29分00秒~22時16分00秒(日本標準時) (※) 打上げ予備期間: 平成29年8月20日(日)~平成29年9月30日(土) 明日は休みなのでじっくりライブ映像が見られます。

いつか行きたいと思っているイベント。 鉱物BAR 今年は10周年だそう。 鉱物Bar vol.10 produced by 鉱物アソビ 今回のテーマは「 鉱物博覧会 」    以下HPから抜粋 鉱物アソビ厳選の鉱物標本と、                                  鉱物のためにあったらいいなを叶える                                  作家達とのコラボ限定品、そしてアンティークの品々。                                  記念すべき10回目は、鉱物好きに贈る、鉱物のための祭典です。 開催期間は8月11日から20日まで。 ※詳しくは画像をクリックしてください。 いつかいつか絶対に行きたい 鉱石イベントです。

何年も前から古本屋で探してた本が届きました。 文章がとても美しい本で、知る人ぞ知る本。 本は古本屋で出会ったものを読む、という面倒くさい拘りがあるため、読みたいなあと思ってから軽く5年以上も読めなかった本です。 こないだようやく諦めがつき、ネット注文しました。 あっさり手に入ってしまうのでなんだか有り難みが半減する気がします。 いざ手に入ると読むのが勿体無いなあと思ってしまう性格も自分の面倒臭いところですが、兎にも角にもようやく手に入れたので早く読みたいです。

今日の夕方マンションに帰ってきたら蝉の幼虫が一生懸命塀をよじ登っていました。 木に移して、20時頃また見に行ったら 抜け殻からすっかり抜け出て羽と体を乾かしているところでした。 羽がまだ緑です。 ちなみにこれは敵に襲われないためのカモフラージュです。 何年も地中にいて、ようやく殻を抜け出して今どんな気分なんだろうなと妄想してしまいます。 ちなみに私が小さい頃に夏風邪を引くと、祖母に蝉の抜け殻を煮出した液体を飲まされていました。 ふと思い出し先ほど調べて見たら立派な漢方のようです。 ちょっと安心しました笑