エッグタイマー、ジョブチューンの100均特集を見て早速買ってみました~。 ゆで卵と一緒に鍋にいれると、 にわとりの下の「HART(完熟)」「MEDIUM(半熟)」「SOFT(半生)」と書いてあるメモリが、 通常状態でピンクなのがだんだんと白くなっていくんです。 半熟卵にしたい場合は、SOFTメモリを越して MEDIUMまで白くなりきったところで日を止めればOK! これなら、子供に見ててもらええるし便利ですね~♪

熊本の球磨川を下ろう!ラフティングストーンズでラフティング体験してきました~! ここ最近、毎年ラフティングいっている私ですが、今年も球磨川へ川下りをしに行ってきました。 ここはインストラクターの方もしっかりされているし、水着の貸し出しもあるし、帰りに温泉も入れるプランもあるのでおすすめです。 参加される方は複数人で参加したほうが楽しいですよ♪ ぜひ夏にしかでき遊びを体験しにみなさんも行ってみてください。

懐かし~!黄色いチューブの「糊」がコスメになった! 幼稚園や小学校で使っていた「フエキ糊」。 すごく懐かしいですよね♡ 今回そんなフエキ糊が意外な形での人気復活を遂げているんです。 容器はそのままで中身がハンドクリームと言う意外性! でもとってもかわいい~! ポット型もあって置きハンドクリームと持ち運び用としてつかってもいいですよね!素敵…♪ ぜひ気になるかたは買ってみてください!

八代目儀兵衛でご飯たべてきました~! 先日友人と京都へ旅行にいってきました。 「そうだ、京都行こう」ってやつですね笑 東京でも食べられるそうですが、京都で風情ある中八代目儀兵衛がたべたいということになり、”八代目儀兵衛”へ。 ここの名物はなんといっても「炊きたて10分以内の土鍋ごはん」! 米料亭に恥じぬ米のうまさ。 こんなに美味しい炊き立てのご飯はどこへ行ってもここでしか食べることができません。 このご飯が家で毎日食べられたならどれだけ幸せか…。 そして一緒にいただいたのが、京地鶏のあんかけ親子丼。 玉子はふわふわ、鶏はしっかりとしているのにやわらかい♡ もう最高でした!ほっぺが落ちるかとおもった! また来たいと思います。 みなさんもぜひ一度行ってみてください♪

職人が作るフレッシュなチョコレート! 「Jacques Genin ジャックジュナン」がすごくおいしい♡ ジャックジュナンの店舗には『自分はアルチザン(職人)で田舎者。だから、手仕事にこだわりたい。』という彼の想いをオリジンにした作品群が並びます。 ここのチョコレートは職人であるジャックジュナンが直接選んだカカオ豆で作ったチョコレートなんです。めちゃくちゃこだわりが強いということになります。 今は日本に店舗がなく、パリでしか購入できませんが、いずれは日本進出もするそう! ぜひはやく日本でこのチョコレートが食べられる日が来るといいですね!

最近愛用しているクロックスのパンプスがすごくおすすめです♪ クッション性が高くて疲れにくい、クロスライト素材で、どんなシーンにもマッチし易いのがcrocs Brynn wedge wの特徴です。 かわいいのに、みんながよく知るクロックスぽくないですよね? この靴すごく歩きやすいし、長時間あるいても足が疲れません。 しかも6cmのウェッジソールなのに、安定感があります。 そして一番わたしがおすすめしたいのが、シンプルなデザイン。 どんなスタイルともコーディネイトできます。 パンツにもスカートにも、カジュアルにもフォーマルにも♪ すごくおすすめです。 ぜひみなさんも履いてみてください。

TOTOミュージアムがすごく楽しい! 福岡の北九州市にあるTOTOミュージアムにいってきました。 TOTOミュージアムにはこれまでのTOTOの歴史に加えて、トイレやお風呂などの仕組みを学ぶことができます。 ショールームも併設されいるので見ていてすごくたのしいです♪ 入場料は無料!なのに見ごたえたっぷり。 トイレの仕組みや、お湯がでる仕組みはすごく感動しました~! 機会があればぜひ一度いってみてください。

横濱魚萬で海鮮ずくしの夕ご飯を味わってきました~! お魚が食べたくて!鶴見西口にある横濱魚萬へ。 鮮酒蒸しや、こぼれ寿司(写真)をいただきました。 ここのお魚はおいしいしボリュームもあって大好きです。 いつもビールと一緒に食べて~飲んで~してしまいます。 貝類も豊富ですごくおいしいので、貝好きの方にもおすすめです! ぜひ、行ってみて下さい~♡

クラフトバーボンってのんだことありますか? 最近私はクラフトバーボンにはまっています。 話題になったこともあって、知っている方も多いのではないでしょうか? そもそも最初に話題に上がったのはクラフトビール! 地方の少量生産の、職人の手による、手作りのビールで非加熱処理ゆえ低温流通でなければ発酵してしまうので、運賃が嵩んで高いものだったのですが、最近では東京や横浜で様々なクラフトビールが楽しめるお店が100件以上も出現して大盛況しました。 そして「クラフトバーボン」が登場するのです。 そもそも自生するトウモロコシを原料に、美味しい天然水を使って、ケンタッキー産のオーク材で作った樽で 熟成させたものをバーボンウイスキーといいます。 バーボンウイスキーは 1.アメリカで生産される 2.原料穀類の51%以上がトウモロコシである 3.アルコール度数80度以下で蒸留 4.内側を焦がした新品のホワイトオークの樽でアルコール度数62.5度で熟成 5.原酒には水以外のものを加えない という5つの条件がそろったもので、これをアルコール度数40度以上で瓶詰します。 そのあと2年以上熟成させるのですが、この2年熟成させたものをクラフトバーボンと呼びます。 最高においしそうな感じでしょ? 本当にこれがおいしいんです! 興味をもったかたぜひ飲んでみてください!